ラリーカーについて 

BLOG

ラリーって世界的に盛んなんですね

トミカ アイアイアド・カンパニー特注 ルノー5ターボ ラリー仕様 マルボロカラートミカ 青箱 F62 アルピーヌ ルノーA310 レーシング 1/60

 

 ラリーは海外では盛んですサーキット場がなくても一般道を使えばレースができるんです 起源は古いようで「モンテカルロ」「モナコ」「サファリラリー」が有名です 3台ラリーともいわれています 昔の映像を見ていると凄いですよね 今のように安全装置も十分ではないのに果敢に攻めている姿を見ていると感動しましたね 涙が出るほどカッコよかったです

 観客も一般の公道ですから柵など遮るものがないんです 道路にはみ出して応援しているんですよ そしてあり得ないほど近くを車が爆走し人の群れの中を蹴散らし走っている状況でした 死亡事故も多く起きたようす 今では考えられないほど何もかも緩かったですね 

 昔の30年ほど前の画像を見ていると十分に早いのですが、まだ目で追っていけるんです 現在の車はあまりにも早すぎて「目にもとまらぬ」というのがふさわしいほど凄いです

  外車のランチャやルノー5の小型の4駆が人気があるのが分からなかったんです すごく不思議でしたが今ではそれが分かります トミカでも多くの車種が商品化されていますその魅力について少しお話したいと思います 

 

ラリーにおける日本車の活躍

トミカ ラリーカーコレクション JAPAN 三菱 ランサーエボリューションⅩ No.59TOMYトミカ【アピタ ピアゴオリジナル】トヨタ 2000GTワールド第2弾 ラリーカータイプ

 ラリー車については比較的実車に再現していることが人気に拍車をかけていると思われます 第一にスポンサーのカラーリングですよね 大きなロゴが入った「走る広告塔です」 昔はタバコメーカーのスポンサーが多かったのですが世の中のタバコに対するイメージの悪さからタバコの名前の広告は載せられなくなりましたのでこれが大きくラリー車のイメージを変えるきっかけになりましたね 一番初めに掲載した「Marlboro」などは典型的な例でしたがほぼ現在ではスポンサー活動を自粛していますね 

 日本の車のメーカーでは三菱、スバルはラリーに熱心でしたのでこの2社がラリカーに貢献していますね トヨタは以前は盛んでしたがラリーは以前ほど盛んではなくなりましたね 「セリカ」は長いことラリー車として貢献していましたがスポーツカーに力を入れていない時代が長くラリーでは日の目を見なくなりましたね 資金力があるのに頑張ってもらいたかったですね

 ミニカーの話に戻ります ランサーエボリューション、インプレッサなどは多くのメーカーで商品化されています トミカも大人気でレースの優勝車は特に人気はありますね トミカでの高額車 値段が上がる車種があるのですがランサーエボリューションシリーズは色、カラーリングを問わず人気ですねパトカー仕様までありますがこれもまた人気です

 外国の方も多く購入していますトミカの中では一番人気がありますね 実車のランエボが販売低迷で生産中止になりましたがファイナルエディションは世界中で発売されすぐに完売しました 中には定価の2倍がついた車両があったようです ちょうど4年ほど前ですかねランエボのトミカが外国の人たちによく売れたんです 現在でも国外での人気はすさまじいですね 

 

 母体の三菱自動車の経営方針でラリーからの撤退、ラリー界からの撤退のため販売不振に至り生産中止 数奇な運命を辿った三菱の「象徴」でしたが今でも輝きを放っています 現在ではランエボのすべてが貴重な車両となり今後レースでは見ることがあまりなくなると思われますが皆さんに忘れないでもらいたいですね 本日はラリー車のお話でした

 

このサイトでもミニカーは販売しておりますが下記のサイトではより多くのミニカーをジャンル別にカテゴリー分けし販売しておりますよろしいければ見ていただければうれしいです

 

minicarsヤフーショッピング店

 

minicars楽天市場店

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました