日野コンテッサのご紹介です

BLOG

トミカに見る車の歴史 日野 コンテッサ

トミカリミテッドヴィンテージ TLV-09  日野コンテッサ1300 トミカリミテッドヴィンテージ TLV-09c 日野コンテッサ1300

 

こんにちは店長です 本日は 日野 コンテッサ をご紹介します 

現在日本の自動車メーカーは乗用車、商用車などのトラックを販売している会社が数社あります

 

今回ご紹介する日野は本来トラックメーカーである日野から出た珍しい乗用車のをご紹介します

私の記憶ではレギュラートミカではこの車両は作られていないと思われますね 

トミカリミテッドヴィンテージでは早いころから製品化されました人気も高くよく売れたのを覚えています

 

トミカリミテッドヴィンテージは元々のコンセプトが「トミカが誕生以前の製品化」ですからレギュラートミカで製品化されなかったのは納得できます 新型車を商品化したいですもんね その後」トミカリミテッドヴィンテージは「NEO」として「トミカが作られた時代のトミカ」も発売しほぼすべての市販車が対象になりました

商品バリエイションが増えたのは嬉しかったのですが由来の「ヴィンテージ」が最近のものまで製品化されてしまうと少々コンセプトにブレたようで少しモヤっとたしました

 

トミカに精密モデルがあるのは大変喜ばしく 自分が乗っていた車が製品化されると真っ先に手に取りたくなりますしこれが正解かもしれないです

トミカリミテッドヴィンテージ TLV-09c 日野コンテッサ1300S

話が脱線しましたがコンテッサの話に戻ります 実車は見たことがありませんのでかなり珍しい車両なのだと思います Googleなどで調べると色々な形が色々な形がありこのコンテッサが一番の量産車のようでした2ドアの車両も紹介されていました

 

トミカリミテッドヴィンテージは1/64ですから大きさの比較ができ便利です 現代の車両と比べるとかなりコンパクトです重厚感がありバンパーがメッキで独立していて昔の車特有の造形をしています 鉄の上にメッキは凄く重厚感があり◎ 成形が少し甘いのでメッキに重みああるんですよね 現代はプラスチックにメッキの処理をしていますが触った時の質感が全然違います フロントはグリスレスなので何とも言えない表情をしています この車両RRでポルシェのようにリアエンジン、リア駆動なんですね ボンネットもおそらくトランクだと思いますが凝った造形をしています ミニカーではよくわかりませんがサイドラインもすごく凝っていて複雑です  

 

おそらくですがトミカで日野の乗用車を製品化することはこれ以降ないと思われますがこの車両を製品化したのにはトミーテックさんの車愛を感じますね ミニカーで再現していただけたのには感謝したいですね

 

日野はトヨタと業務提携を結んだことで乗用車部門からの撤退したこのによる短命車種ではありますが見どころは多くこの車両はあまり語り継がれないレアな車両にもかかわらず製品化したのに驚きましたがやはりこの車両のファンは多くミニカーもよく売れたのには現在は納得しています 

 

私は知識不足でこの車両の魅力には気づきませんでしたがあらためて調べてみると素晴らしい車両であることに気づかされました皆さんは如何でしょうか

 

ヤフーショッピングや楽天ではジャンル分けしたくさんのトミカを出品しています下記のボタンでサイトに行けます 

よろしければ一度見ていただきたいです よろしくお願いします

 

minicarsヤフーショッピング店

 

minicars楽天市場店

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました